トマス・ネーゲルがつっこまれた

トマス・ネーゲルがID本を推薦したが、ラフバラー大学の化学者Stephen Fletcherにつっこまれた

私たちがこの惑星で超自然的存在と共存しているという確信は古くからある。魔法と宗教の研究者は数え切れない種類の神、悪魔、精霊、妖精やらなにやらを確認した。おなじみのストーリーは彼らがまさに人間の知覚のへりで動いているということだ。キッチンメイドが寝ている間、彼らはキッチンでミルクを発酵させるのに忙しい。バクテリアの概念がなかった時代には、たぶん、これらは許される空想だった。しかし現代の大学教授がそのようなことをまじめに考えていたら、たぶん幻覚だろう。

先日のブックオブザイヤーで、トマス・ネーゲルがスティーヴン・C・マイヤーの『細胞の痕跡』を推薦した。「インテリジェントデザイン」はもちろん不誠実で不合理な命題をごまかすための暗号化されたフレーズ、つまり超自然的な存在がこの惑星の生命の進化に干渉したという考えだ。もしネーゲルが真剣にこの概念を捉えたいならば、そうすればよい。しかし現実に間違っている声明を用いてほかの人々に本を薦めるべきではない。

マイヤーの本を紹介してネーゲルは我々にこういう:「[本]は生命を持たない存在--生物学的進化が始まる前に生じなければならなかった何か--から生命がどのように生まれたかを詳述した」。うん、違う。自然選択は実際に生物学的なプロセスであるのと同様、化学的なプロセスでもある。 そして最初の細胞型生命が化石記録に現れるよりも5億年は前から働いていた。

この間違いを倍増させて、ネーゲルはこう加える:「マイヤーはDNAの非常に複雑で完璧な機能を持つ化学構造(それが自然選択を可能にするのだから、それ自体は自然選択では説明できない)が、意図的な原因なしで始まることができた方法という上位の問題に取り組んだ」。またしてもひどい間違いだ。自然選択はDNAを必要としない。というか、DNAそのものが自然選択の産物だ。これは要点だ。実際にDNAよりまえに別の遺伝システムが働いていた。もっともあり得そうなのはRNAだが、DNAよりも生物学的に適応性がなかった。もしこの問題をより知りたい読者は苦労して蓄えた金をポケットにしまって、マイヤーの本を買わずに、まずwikipediaのRNA worldを読むべし。

Sir, – The belief that we share this planet with supernatural beings is an old one. Students of magic and religion have identified innumerable varieties of them – gods, devils, pixies, fairies, you name it. A familiar motif is that they operate at the very fringes of perception. While the scullery maid sleeps, they are busy in the kitchen making the milk go sour. For a society with no concept of bacteria, this is, perhaps, a forgivable conceit. But for a modern university professor to take this idea seriously is, I think, mind-blowing.

In the recent TLS “Books of the Year” (November 27), Thomas Nagel recommends Stephen C. Meyer’s Signature in the Cell: DNA and the evidence for Intelligent Design. “Intelligent Design” is of course a code phrase to obscure a malicious and absurd thesis; namely, that a supernatural being has interfered in the evolution of life on this planet. If Nagel wishes to take this notion seriously, very well, let him do so. But he should not promote the book to the rest of us using statements that are factually incorrect.

In describing Meyer’s book, Nagel tells us that it “. . . is a detailed account of the problem of how life came into existence from lifeless matter – something that had to happen before the process of biological evolution could begin” (my italics). Well, no. Natural selection is in fact a chemical process as well as a biological process, and it was operating for about half a billion years before the earliest cellular life forms appear in the fossil record.

Compounding this error, Nagel adds that “Meyer takes up the prior question of how the immensely complex and exquisitely functional chemical structure of DNA, which cannot be explained by natural selection because it makes natural selection possible, could have originated without an intentional cause” (my italics again). Again, this is woefully incorrect. Natural selection does not require DNA; on the contrary, DNA is itself the product of natural selection. That is the point. Indeed, before DNA there was another hereditary system at work, less biologically fit than DNA, most likely RNA (ribonucleic acid). Readers who wish to know more about this topic are strongly advised to keep their hard-earned cash in their pockets, forgo Meyer’s book, and simply read “RNA world” on Wikipedia.

STEPHEN FLETCHER
Department of Chemistry, Loughborough University, Ashby Road, Loughborough.

広告

トマス・ネーゲルがID本を推薦した

トマス・ネーゲルがインテリジェントデザインの本をTimes Onlineのブックオブザイヤー2009で取り上げたというお話。コインのブログより。該当の箇所は…

スティーヴン・C・マイヤーの『細胞の中の痕跡:DNAとインテリジェントデザインの証拠』は生命を持たない存在--生物学的進化が始まる前に生じなければならなかった何か--から生命がどのように生まれたかを詳述した。インテリジェントデザインを巡る論争は主に、生命の進化がその始まりから自然選択やその他の目的のない原因によって完全に説明できるかどうかに集中していた。マイヤーはDNAの非常に複雑で完璧な機能を持つ化学構造(それが自然選択を可能にするのだから、それ自体は自然選択では説明できない)が、意図的な原因なしで始まったかもしれない方法という上位の問題に取り組んだ。彼は生命の起源に対する非目的的・化学的な説明の歴史と現状を調べ、現在の証拠は、意識的な原因があったという仮説に対して、信頼に足る自然主義的な代替理論に支持を与えないと主張する。マイヤーはキリスト教徒だが無神論者だ。そして神は自然界に介入しないと考えている有神論者は、彼の慎重な提案によってこのきわめて困難な問題を知らされるだろう。

Stephen C. Meyer’s Signature in the Cell: DNA and the evidence for Intelligent Design (HarperCollins) is a detailed account of the problem of how life came into existence from lifeless matter – something that had to happen before the process of biological evolution could begin. The controversy over Intelligent Design has so far focused mainly on whether the evolution of life since its beginnings can be explained entirely by natural selection and other non-purposive causes. Meyer takes up the prior question of how the immensely complex and exquisitely functional chemical structure of DNA, which cannot be explained by natural selection because it makes natural selection possible, could have originated without an intentional cause. He examines the history and present state of research on non-purposive chemical explanations of the origin of life, and argues that the available evidence offers no prospect of a credible naturalistic alternative to the hypothesis of an intentional cause. Meyer is a Christian, but atheists, and theists who believe God never intervenes in the natural world, will be instructed by his careful presentation of this fiendishly difficult problem.

ブログ読者のコメントによれば…

これはおもしろい。ダニエル・デネットは1年以上前、心の哲学者の中のmind-firstな創造論者や心身二元論者(フォーダーやネーゲルのような)が本格的な生物学的創造論のダークサイドに落ちかけていると指摘した。転向が完了したってことか。

This is fascinating. Daniel Dennett was pointing out over a year ago how some of the mind-first creationists or dualists (like Fodor and Nagel) from philosophy of mind might be moving over to the dark side of full-blown biological creationism. It seems the transition is complete.

see the first lecture over at:
http://mbb.harvard.edu/resources/dennett09.php

コインの返答によれば、フォーダーと同僚のマッシモ・ピアテッリ=パルマーニは自然選択は偽りであると主張する本を来年初めに出すらしい。