奇妙な信念-後半

マイケル・シャーマーのTED講演の訳。前編の続き。だんだん訳がいい加減になり飛ばしている部分もあり…
-+-+-+-
それで、これらのほとんどがニセ物や幻覚のようなもので一部が本物という可能性もあるけれど、それよりあり得そうなのはミステリーサークルのように全部がニセ物だと言うことです。

より重要なことは、あらゆる科学で我々はデータと理論のバランスを捜していると言うことです。ガリレオの場合、望遠鏡を土星に向けたときふたつの問題を抱えました。まず惑星の環を説明する理論がありませんでした。そして第二に彼のデータは荒くて曖昧でした。彼は見た物が何かをまだ理解することができませんでした。

それで彼は見た物をこう書きました。「私は最も遠い惑星が3つの実体を持つことを観察した」。これが彼が見た物についての結論です。惑星の輪の理論無しで、荒いデータだけでは良い理論は生まれません。それは1655年まで解決されませんでした。

これはクリスティアン・ホイヘンスの本です。彼はこの本で土星で何が起きているかを知ろうとした人々の誤りをカタログ化しました。もはや…ホイヘンスには2つのものがありました。彼には惑星の環の良い理論があったし、太陽系の動きの理解もありました。それからより良い望遠鏡と微粒子のデータがあり、ケプラーの法則によれば、地球は土星よりも速く回っていると計算できました。そして現在に至ります。土星の輪を異なる角度で見ましょう。そうすると実際に何が真実なのか分かります。

理論を持つことの問題は、その理論が認知的バイアスを含んでいるかも知れないことです。そして、なぜ人が怪しい物を信じるかの説明の問題は、シンプルなレベルでものを見るからです。それからより重要なレベルへ進みます。我々には顔を見つけ出す傾向があります。

これは火星の顔でした。1976年に人々は火星人によって造られた建築物だと思ったので、NASAにこの地域を撮影させようとする大きな運動が起きました。さて、2001年の写真のアップがここにあります。目を細めれば、まだ顔としてみることができます。あなたが目を細めているときあなたが実際にしているのは粗い粒で細かい粒をかき回すことです。データの質を悪くしているのです。私が何を見るべきかあなたに言わなければ、我々は進化によって顔を見つけ出すようにプログラムされているので、あなたはまだ顔を見続けるのです。

顔は社会的に重要です。そしてもちろん、笑顔。顔はどんな種類でも見つけ出すのが簡単です。[笑い] あなたは火星で笑顔を見つけることができます。[スライドを変える]天文学者がカエルだったらカーミット[カエルの人形]に見えるでしょう。カエルに見えますか?ちょっとカエルっぽい足ですね。[スライドを変える]ゾウの地質学者だったら?

ゾウの地質学者だったら?

ゾウの地質学者だったら?

宗教的なイコン。[笑い] 1996年にテネシーのパン屋によって発見されました。彼はマザーテレサの弁護士に止めさせられるまで、これを見に来る人から一人あたり5ドルをせしめました。グアダルーペの聖母とワトソンヴィルの聖母はこれです。

木の皮は特にもってこいです。ざらざらで枝があり白黒の斑点があるのであなたはパターンを探せます。人はパターンを探す動物です。

これはサンパウロのガラス窓のマリアです。こちらはチーズサンドの上に現れたマリアです。★これは実は私がアメリカにとどめておくためにラスベガスのカジノへもって行きまいた。このカジノはeBayで28500ドル払って落札しました。しかし本当のところ、誰に見えますか?聖母マリア?1940年代風のすぼめた口のようですが。[笑い]

フロリダのクリアウォーターのマリア。実際に見に行きました。たくさんの人がおり、そのあたりには多くの信者がいます。車いすや松葉杖のような物もあります。私たちは行って調査しました。サイズが分かりやすいように…ドーキンス、私、アメージング・ランディです。二階、二階半の高さです。これら全てのろうそく、何千ものろうそくは全て人々がこれに捧げるために火を付けました。私たちは裏側を歩いてみました。そこで何が起きているかを見るために。スプリンクラーとヤシの木があります。あなたにはどういう事か分かるでしょう。これは裏側のマリアです。彼らは拭き取りはじめています[窓に付いた水をか]。
たぶん建物ごとに奇跡を見ることができるのではないかと思います。それは本当にマリアの奇跡ですか?マージ[・シンプソン]の奇跡ではなくて?[笑い]
ted_shermer06

では、音で、音の錯覚でこのような例をお見せして終わりにしましょう。この映画、マイケル・キートンによる「ホワイトノイズ」は死者があの世から我々に話しかけてくると言う話です。とはいえ、死者と話すというひと仕事は実はそれほどたいしたことではありません。誰にでもできます。お見せしましょう。

このケースでは多分そのメッセージは電気的な[交信]現象に隠されています。ReverseSpeech.comからダウンロードしたファイルがあります。まず普通に…これはこの手の物でもっとも有名です。このとても有名な曲の普通の再生バージョンはこうです。
[曲を再生する]
一日中聞いていましょうか?[笑い]

さて、逆再生のバージョンがあります。そこに隠れているかもしれないメッセージを見つけてください。
[曲を逆再生する]
何か分かりましたか?[観衆:「サタン」]

サタン?そうです、ともかく私たちにはサタンが聞こえました。では私はあなたの脳の聴覚器官があなたに何を聞かせるのか、あらかじめお教えしておきます。それからもう一度聞きましょう。
[”メッセージ”の内容が画面に表示され曲が逆再生される]

私がそこに何があるかを言えば、あなたはそれを聞かずにはいられません。

それでは、最後に前向きな楽しいちょっとした話で終わりましょう。スケプティクスは非営利の教育団体です。私たちは人間が行うちょっとした面白いことを常に探し続けています。イングランドにはポップ歌手がいます。本当に…今日のイングランドで最高のポップ歌手の一人、ケイティ・マルラです。彼女は美しい歌を書きました。それは2005年にトップ5でした。「Nine Million Bicycles in Beijing:北京の900万の自転車」です。それはラブストーリーで、イギリスのノラ・ジョーンズのような感じです。彼女がどれだけ恋人を愛しているか、900万の自転車やその他のことと比較して…という歌です。その一部です。[曲を流す]

♪私たちは端から120億光年にいる
♪それは推測に過ぎない
♪誰もそれが真実であるとは言えない
♪でも私はあなたとずっと一緒だとわかっている

素晴らしいです。少なくとも近いことを言っています。アメリカではこれが「端から6000光年にいる」になります。[笑い] でも私の友人、素粒子物理学者のサイモン・シンは現在、科学教育者になりました。彼は『ビッグ・バン』のような本を書きました。彼は良い科学を推進するチャンスを何でも利用します。それで彼はケイティの歌に関してガーディアンに論評を書きました。そこで私たちがどれだけ古く、どれだけ端から離れているか非常に正確に分かっていると述べました。それは120…137億光年です。それは推測ではありません。我々はエラーバー付きでどれだけ正確かも分かっています。そして、絶対の真実ではないけれど、真実のほとんど一歩手前だと言うことができます。

この論評が出た後、ケイティは彼に電話をしました。「とても恥ずかしいです。私は天文学クラブの部員でした。もっと良く知っていなければならなかった」。そして彼女は曲をリカットしました。新しいバージョンの曲で終わりにしましょう。
[曲を流す]
♪私たちは137億光年にいる
♪観察可能な宇宙の端から
♪確かなエラーバー付きのすてきな概算
♪利用可能な情報にもとづいて
♪私はあなたとずっと一緒だと予測する[拍手]

とてもクールではありませんか?[拍手]

奇妙な信念-前半

TED.comのマイケル・シャーマーの講演より。講演は2006年2月。
要約:なぜ人はチーズサンドイッチの上に聖母マリアを見るのか?「天への階段」に悪魔のような歌詞を聴くのか?ビデオと音楽を使って、懐疑主義者マイケル・シャーマーは我々がどのようにして自分自身に信じさせ、事実から目をそらすことを納得させるのかを明らかにする。

上手く意味がつかめない部分は★マーク
-+-+-+-
ted_shermer02

やあ、私はマイケル・シャーマー、スケプティックソサイエティのディレクターでスケプティックマガジンの出版者です。我々は超常現象、ニセ科学、フリンジな集団やカルトの主張を調査しています。それからあらゆる種類の科学とニセ科学、非科学、ジャンク科学、呪術的科学、病的科学、悪い科学、非科学(ノンサイエンス)と普通のナンセンスを調査しています。そしてあなたが最近まで火星にいたのでない限り、それらが世界のあちこちににあることを知っているはずです。

一部の人々は我々をデバンカーと呼びます。それは否定的な言葉のひとつです。しかしそれに向かい合いましょう。たくさんのナンセンスがあります。我々は警察の対詐欺チームのようなものです。洗い流しましょう。私たちは間違った考えを良い考えと置き換えようとするような誤ったラルフ・ネーダーのような感じです。[笑い]

間違った考えの例をお見せしましょう。これを持ってきました。[ダウジングロッドを取り出す] これはテストするためにNBCデートラインから渡されたものです。これは…これはウェストバージニアのクアドロ社で作られました。クアドロ2000ダウザーロッドと呼ばれます。ひとセット900ドルでハイスクールの責任者に売られていました。これはラジオジャックアンテナをプラスチックに取り付けたものです。あなたはこれでどんな物でもダウジングできるはずです。が、これは学生のロッカーのマリファナを捜すために作られました。[笑い]

さて、使い方はこうです。廊下を歩いていきます。そしてこれがロッカーのどれかに向けて傾くかどうかを見ます。あなたを指してみましょう。
[ロッドを持って歩き始める]
おっと、右よりのバイアスがあるようです。[笑い]もういちど…これは科学ですから、コントロールされた実験をしてみます。
[逆向きに歩き始める]
確かにそちらを向きますね。[笑い]
あなた、失礼ですがポケットの中身を見せてください[笑い]
それで、問題のように学生のロッカーのマリファナを見つけることができるでしょうか?答えは、たくさん開けるなら、イエス。[笑い/拍手]

しかし科学では、我々は失敗を考えないといけません。まさに成功ではなくて。そしてそれはこの短い話の重要な教訓です。これが心霊術師や星占占い師、タロット占い師のやり方です。人は成功を覚えています。人は失敗を忘れます。科学では我らは全てのデータを持っていなくてはなりません。成功の数が総数のうち偶然から予想されるよりも多いかどうかを見なければなりません。

我らはふたつの不透明な箱を持っていました。ひとつには政府認可のTHCマリファナ、もう一つは空っぽ。そして50%の確率で当たりました。それはまさにコイン投げをした場合に期待できる確率です。それは我々がしてしまっていることのちょっとした面白い例です。

スケプティックは季刊誌です。毎号、特集を持っており、例えばこれは「知性の未来」です。人はより賢くなりますか?バカになりますか?私自身その仕事をしているので意見を持っています。実際のところ人々は、結局、賢くなっています。10年につきIQは3上昇します。面白いことに。

科学では、懐疑主義は意見であると考えないでください。むしろ科学さえ意見ではありません。科学と宗教は互換性がありますか?それはちょうど、科学と配管工事は互換性がありますか、と言うようなものです。それら…これらはふたつの異なるものです。科学は意見ではありません。それは動詞です。それは意見について考えることです。それは全ての現象の自然的な説明を捜す方法です。
ted_shermer
さて、よりあり得そうなことはなんでしょうか?…惑星間の膨大な距離を旅行する地球外の知的生命や多次元的存在が来てカンザスの農家のボブの林にスケプティックドットコムと言うミステリーサークルを残して、我々のウェブサイトを宣伝しているのか?それともスケプティックの読者がフォトショップで作ったという方がありそうですか?そして常に我々が問わなければならないのは-[笑い]-よりあり得そうな説明は何か?です。何かをこの世のものとは思えないほど素晴らしいと讃える前に、この世のものかどうかを確かめなくてはなりません。[別の写真を見せて]何がよりあり得そうですか?アーノルドが知事選で地球外生命の支援をちょっと受けたでしょうか?それともワールドウィークリーニュースがでっち上げたのでしょうか?[笑い]

そしてそのような…同じテーマがシドニー・ハリスの漫画で上手く表現されています。「次に、奇跡が起きます」「そのステップ2はもっとはっきりさせた方がいいと思うよ」この一枚のスライドは完全にインテリジェントデザイン理論を解体しています。これ以外に何もありません。[笑い]あなたは奇跡が起こると言うことができます。それは全く何も説明していません。それは何も提供しません。テストできるようなことは何もありません。インテリジェントデザイン創造論者との対話はこれで終わりです。

ところが…実際には科学者は時々言語学の場所を満たす物として(新しい言葉を作っては)言葉を放り投げます。ダークエナジー、ダークマターとかそんな感じで。我々はそれが何か分かるまで、そのような言葉で呼びます。それは科学にとって原因の(解明の)連鎖の始まりです。インテリジェントデザイン創造論者にとっては連鎖の終わりです。ところでもう一度尋ねることができます。よりあり得そうなことは何ですか?UFOのエイリアンの宇宙船か、知覚的錯誤か、あるいはニセ物ですか?[UFOの写真を見せる:冒頭の写真]

これはカリフォルニアのアルタデナで、パサディナ(の街)を見下ろす自宅から撮ったUFOです。ビュイックのタイヤのキャップに見えるなら、実際にそうだからです。あなたにはフォトショップは必要ありません。ハイテク装置は必要ではありません。コンピューターもいりません。これはコダックの使い捨てカメラで撮られました。ホイールキャップを投げる準備ができている誰かを向こうに立たせます。カメラを構えて…はい終わり。[笑い]

続き