イヌの家畜化は食用から始まったか?

http://www.nytimes.com/2009/09/08/science/08dogs.html?hpw
-+-+-+-
とてもすばらしい特徴がイヌにはあるが、最初に飼い慣らした人々がどうやってその気高き祖先、オオカミを捕まえ育てたか知るのは難しい。家畜化の理由はイヌの勇敢さが狩りで役立ったからだろうか?あるいは夜間の警備のため?そりを引く頑強さ?それとも寒い夜に心地よいぬくもりを感じたからだろうか?

世界規模の、この手のもので最大の新しい研究は異なる答えを示唆する。それはどんな飼い主でも不快になるに違いない。オオカミは最初に食用として飼い慣らされたかもしれない。ストックホルム王立研究所のPeter Savolainenに率いられた遺伝学者のチームはそう提案した。

世界規模でミトコンドリアDNAをサンプリングし、チームは全地域のすべてのイヌが一つの系統に属しているらしいことを確認した。それは家畜化が一度だけだったことを意味する。オオカミが多くの場所で家畜化されたならそれぞれの地域個体群にたどり着く複数の系統が見つかるはずだ。一度だけの家畜化は中国南部で起きたようだ。そこでイヌは他のどの場所よりも高い遺伝的多様性を示す。種は分散に伴って多様性を失う傾向があるので、通常、最も高い多様性を示す地域が起源の場所だ。Savolainen博士はイヌゲノム、ミトコンドリアDNAをサンプルし、家畜化の時期を推定した。おそらく最初に狩猟採集民族が中国にコミュニティを築いた頃、11000年から14000年前あたりだ。

彼らは口輪をはめ、たぶん檻を作れる組織だった文化を持っていたのだろう。それはオオカミを扱うのに必要だ。中国南部ではイヌをたべる長い伝統がある。切った痕があるイヌの骨が遺跡で見つかっている。Savolainenは最初の人間の入植者のまわりでゴミ漁りを始めたとき家畜化の道を歩み始めたのだろうと述べた。理論はマサチューセッツのハンプシャーカレッジのイヌ生物学者Ray Coppingerによって提唱された。地域的な伝統を考えれば、とSavolainen博士は述べる。テーブルに供されるために飼い慣らされたのかもしれない、と。

このようにイヌはゴミと彼ら自身の肉によって人間の生活に取り込まれていったかもしれない。しかし彼らはすばやく、落ちぶれていない役割を引き受けるようになった。いったん家畜化されるとユーラシア大陸の東端から西まで急速に広がった。ほとんどの人はイヌを食べないため、他の理由で、おそらく番犬やそり引きのため急速に広まったのだろうとSavolainen博士は述べた。彼の報告は昆明動物研究所のJun-Feng Pangと書かれた。 Jun-Feng Pangは多くの中国犬のDNAを分析した。その研究は先週、Molecular Biology and Evolutionで発表された。

2002年にSavolainenは東アジアで家畜化されたと書いたが、その結論は先月、コーネル大学のチームから疑問を呈された。コーネルのチームは遺伝的多様性がアフリカの村のイヌで中国と同じくらい高いと述べた。Savolainenは新しいリポートでコーネルの計算に反論し、実際に中国のイヌの方が多様性が高いと主張した。コーネルチームのメンバーのAdam Boykoは今、Savolainenのチームが詳細な遺伝データからよりあり得そうな仮説を作ったが、まだ中国以外の第二の場所でも飼い慣らされて中国以外に広まったというような、他の説明が可能かもしれないと述べた。

国立癌研究所の遺伝学者Stephen O’Brienは南中国でのたった一度の家畜化が「かなり良い結論」だが、世界中のオオカミのより綿密なサンプリングによって強化できたと述べた。アメリカの研究者のチームはまさにSavolainenが調べたミトコンドリアDNAだけでなくイヌとオオカミのゲノムの異なる場所を認識できるいわゆるイヌチップを用いてイヌとオオカミの遺伝学研究を行っている。データはまだ公表されていないが、その一部は東アジア起源説を「全く支持しない」とO’Brienは述べた。O’Brienが「ゲノム考古学」と呼んだことを研究者が始めたためにイヌの起源論争が起きた。「それは新しい分野です。まさに今その方法を学んでいます。」

イヌや他の動物の家畜化は人間の過去と重要な関連があり、関心は根源的なものだ。「家畜化は本当に、文明が食料を集める家族より大きなコミュニティを組織するためのレバーだった」。イヌは疑いなく初期の人々に役立ったため、野火のように広まった。現在の証拠に基づけば、彼らは家畜化された最初の種だった。
-+-+-+-
ジャレド・ダイヤモンドか誰か忘れたけど、現代のイヌでさえたまには飼い主に噛みついて深刻な感染症を引き起こすことがあるのだから、オオカミを飼い慣らすのは利点ばかりではなかったはずだ、と述べていたように思う。しかし食用として拘束しつつ飼っていたのなら、より安全かもしれない。それ以前に小動物をの家畜化が行われていなければ不可能なように感じるけど。ドミトリ・ベリャーエフは40年でキツネの家畜化を達成したので、初期のイヌも案外早く家畜化されていたのかも。