道徳の新しい科学

Edgeの新しい記事より、いつものかなりヤバイ訳で適当に。

THE NEW SCIENCE OF MORALITY:An Edge Seminar

Edge Foundation主催のカンファレンスに集まった九人。えーと、後列左からKnobe?、Greene、Baumeister、Harris、John brockman、Phelps、前列左からBloom、Hauser、Haidt、Pizzaro?かな。

Roy F. Baumeisterによれば、文化は人類の生物学的戦略だ。そして人間の本性は、この新しい進歩した形の社会生活(文化)の助けとなる形質を選択した進化のプロセスによって形作られている。したがって彼にとっては脳のプロセスの研究は、人間行動への他のアプローチに取って代わるというよりも、前進させるものだ。そして彼は対人関係の面の広い範囲にわたる軽視が、人間の本性の理解の妨げとなることを恐れる。道徳は究極的には人のグループが正当な調和を保って共に生きることを可能にする規範システムだ。とりわけ文化は社会生活で必然的に起きる対立の主な解決法として、闘争を道徳と方に置き換えようとする。Baumeisterの研究は悪、セルフコントロール、自由意志のような道徳に関する問題を探求した。

Culture is humankind’s biological strategy, according to Roy F. Baumeister, and so human nature was shaped by an evolutionary process that selected in favor of traits conducive to this new, advanced kind of social life (culture). To him, therefore, studies of brain processes will augment rather than replace other approaches to studying human behavior, and he fears that the widespread neglect of the interpersonal dimension will compromise our understanding of human nature. Morality is ultimately a system of rules that enables groups of people to live together in reasonable harmony. Among other things, culture seeks to replace aggression with morals and laws as the primary means to solve the conflicts that inevitably arise in social life. Baumeister’s work has explored such morally relevant topics as evil, self-control, choice, and free will.

イェール大学の心理学者Paul Bloomによれば、人間は配線された道徳を持って生まれる。善と悪の深い感覚は生まれつきのものだ。彼の研究は赤ん坊や幼児が他人の振る舞いの良さや悪さを判断できることを示してる。幼い子どもたちは善に報い、悪を罰したがる。彼らは困難に陥った人をたすけるために行動する。彼らは罪、恥、プライド、の感覚、正義の怒りを感じる。

According to Yale psychologist Paul Bloom, humans are born with a hard-wired morality. A deep sense of good and evil is bred in the bone. His research shows that babies and toddlers can judge the goodness and badness of others’ actions; they want to reward the good and punish the bad; they act to help those in distress; they feel guilt, shame, pride, and righteous anger.

ハーバードの認知神経科学者で哲学者のJoshua D. Greeneは最大の社会問題--戦争、テロリズム、環境破壊など--が石器時代の道徳思考(「常識」とも呼ばれる)を現代の複雑な問題に応用する無意識の傾向に由来すると考える。脳は我々に「道徳的真理」は自分の側にあると考えさせる。そして脳が十分な認識力を持つようデザインされていないという重要な事実を見えなくする。

Harvard cognitive neuroscientist and philosopher Joshua D. Greene sees our biggest social problems — war, terrorism, the destruction of the environment, etc. — arising from our unwitting tendency to apply paleolithic moral thinking (also known as “common sense”) to the complex problems of modern life. Our brains trick us into thinking that we have Moral Truth on our side when in fact we don’t, and blind us to important truths that our brains were not designed to appreciate.

ヴァージニア大学の心理学者Jonathan Haidtの研究は、道徳は社会構築物であるが、それは5つかそれ以上の生得的な「心理」基盤から生み出される生の素材の上に発達するものであると示している。害、公正さ、集団性、権威、清浄さ。高い教育を受けたリベラルは普通、最初の二つだけを頼り、保持する。だがより保守的な人、宗教的な人、あるいは社会的地位の低い人は全部の基盤を頼り、保持する。

University of Virginia psychologist Jonathan Haidt’s research indicates that morality is a social construction which has evolved out of raw materials provided by five (or more) innate “psychological” foundations: Harm, Fairness, Ingroup, Authority, and Purity. Highly educated liberals generally rely upon and endorse only the first two foundations, whereas people who are more conservative, more religious, or of lower social class usually rely upon and endorse all five foundations.

意味、道徳、価値について科学が発言を怠ってきたことが、宗教信仰を正当化する大きな理由になっていたと神経科学者Sam Harrisは指摘する。理性的な議論を通して道徳や意味の問題を述べる我々の能力を疑うとき、我々は宗教的なドグマティズム、迷信、宗教対立に権威を与えていることになる。その疑いが大きいほど、対立のもとになる妄想をはぐくむ原動力も大きくなる。

The failure of science to address questions of meaning, morality, and values, notes neuroscientist Sam Harris, has become the primary justification for religious faith. In doubting our ability to address questions of meaning and morality through rational argument and scientific inquiry, we offer a mandate to religious dogmatism, superstition, and sectarian conflict. The greater the doubt, the greater the impetus to nurture divisive delusions.

悪は進化し、脳の作動のアクシデントとして日々の生活に顔を出す、とハーバードの心理学者で進化生物学者Marc D. Hauserは述べる。現在、あるいは過去の他のいかなる生物とも異なり、我々だけが、悪の要因を作る独立し非常に適応的な影響を持つ心のプロセスを結びつける。個人的な利益への欲望が否定の能力と結びつくとき、邪魔になる人を消し去り、排除し、恥をかかせ、抹殺することを狙って、我々の過度の攻撃が始まる。

Evil, says Harvard psychologist and evolutionary biologist Marc D. Hauser, evolved, and emerges in daily life, as an accident of our brain’s engineering. Unlike any other creature, present or past, only we combine processes of the mind that have independent and highly adaptive consequences for survival to create the ingredients of evil. When our desire for personal gain combines with our capacity for denial, we turn to excessive harms, aimed at eliminating, effacing, humiliating, and obliterating those who stand in the way.

イェールの実験哲学者Joshua Knobeの近年の多くの研究は、最初は道徳と全く関係がないように見える質問(意図や原因についての質問)に対する人々の直感に関する、道徳的判断と関連がある。そのような質問を考えるときの人々の基本的なアプローチは科学理論のような何かであると考えるのがもっともよく理解できると、しばしば示された。彼はやや異なる見解を述べた。それによれば人々の世界を理解するための通常の方法は、道徳的な要点で徹底的に満たされている。彼はおそらく「Knobe効果」あるいは「副作用効果」と呼ばれる理論でよく知られている。

*Knobeの実験はhakutakuさんのブログの記事を参考にした。が、この文章だけだと意味が…

A lot of Yale experimental philosopher Joshua Knobe’s recent research has been concerned with the impact of people’s moral judgments on their intuitions about questions that might initially appear to be entirely independent of morality (questions about intention, causation, etc.). It has often been suggested that people’s basic approach to thinking about such questions is best understood as being something like a scientific theory. He has offered a somewhat different view, according to which people’s ordinary way of understanding the world is actually infused through and through with moral considerations. He is arguably most widely known for what has come to be called “the Knobe effect” or the “Side-Effect Effect.”

NYUの心理学者Elizabeth Phelpsは記憶と感情の基礎となる脳活動を調査している。Phelpsの研究の多くは「学んだ恐怖(learned fear)」と呼ばれる現象(恐ろしい出来事と関係のあるシチュエーションを避ける動物の傾向)に集中していた。彼女の主な関心は、人の学習と記憶が感情によってどのようにかわるかを理解し、そしてそれらの相互作用を媒介する神経システムを調査することすることに集中している。Phelpsと同僚が最近Natureに発表した研究は、人間の脳が記憶をとどめ呼び出す仕組みを利用するドラッグを用いないテクニックで、少なくとも一年間は恐怖の記憶を失わせることができる方法を示している。

NYU psychologist Elizabeth Phelpsinvestigates the brain activity underlying memory and emotion. Much of Phelps’ research has focused on the phenomenon of “learned fear,” a tendency of animals to fear situations associated with frightening events. Her primary focus has been to understand how human learning and memory are changed by emotion and to investigate the neural systems mediating their interactions. A recent study published in Nature by Phelps and her colleagues, shows how fearful memories can be wiped out for at least a year using a drug-free technique that exploits the way that human brains store and recall memories.

嫌悪感はコーネルの心理学者David Pizarroをとらえて放さなかった。それは感情として多くに関係し、さまざまな道徳判断で大きな役割を果たすからだ。彼のラボの研究は、嫌悪を経験する高い傾向が政治的信条と関係があることを示した(Jon Haidtと同僚によって開発されたDisgust Sensitivity Scaleを使って計測された)。

Disgust has been keeping Cornell psychologist David Pizarro particularly busy, as it has been implicated by many as an emotion that plays a large role in many moral judgments. His lab results have shown that an increased tendency to experience disgust (as measured using the Disgust Sensitivity Scale, developed by Jon Haidt and colleagues), is related to political orientation.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中