”What Darwin Got Wrong”のつづき

ニューサイエンティスト誌のオピニオン欄にフォーダーとピアテリ=パルマーニの記事が載っている。最後に彼らが本を書いた理由を述べている。

自然選択は潜在的な帝国主義的傾向を示した。仮定的な環境における適応度の仮定的な効果をのべることで表現型の後付けの説明を創出することは、進化理論から他の多くの伝統分野、哲学、心理学、人類学、社会学、そして美学と神学にさえ広がった。一部の人々は本気で自然選択は万能酸であると、そしてその分解力に抵抗できるものは何もないと考えたようだ。

しかしこの帝国主義的選択主義を後退させる内在的な証拠は我々をひっぱたく。その信頼性は、適切な生物学が妥当性を与えると言われている自然選択の魅力に依存している。したがって自然選択が生物学から消えれば、他の分野からもその子孫は消えそうだ。これは大変渇望されている結末だ。たいていの場合、これらの子孫は後付けなだけでなく場当たり的で、粗雑で、還元主義的で、科学的であるよりも科学主義的で、恥知らずの自己満足で、データとぴったりはまる運命にあるそれらの詳細を欠いている。だがそのデータは明らかになるかもしれない。自然選択が真実かどうかはに関わらずこれは問題だ。

これが私たちが本を書いた理由だ。

これを読む限りでは、彼らは自然選択が実際に働くかどうかよりもむしろ、生物学以外の場所、人文社会学で適応主義的な説明(もしかしたら自然主義的な説明でさえも)やアプローチが取られることに反対しているように見える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中