エソロジーの中で育つ (4)

私は自分自身のも含めてティンバーゲングループに由来する研究--もしかすると一般的にエソロジー的研究と呼ばれるものーーを重視する。それは「実はこういう事だったのだ」研究ではなく、「たとえばこうであるかもしれない」研究と呼ぶことができる。ワトソンとクリックの二重らせんは物事がどうなっているのかの発見だった。DNAは二重らせんだ。それ以外の何者でもない。話はそれで終わりで、覆されることはないだろう。蚊がマラリアを媒介するというサー・ロナルド・ロスの発見は「実はこういう事だったのだ」研究のもう一つの例だ。我々の研究はそのようなものではなかった。もし私が正しければ、その種のエソロジー的実験を用いることはおもに教科書的な原則を示すことになるはずだ。教科書はたぶん正しいだろう。

赤い模型に反応しているトゲウオは教科書の論点を理解するための良い実例だ。しかしトゲウオの現実はそんなに単純ではないかもしれない。ティンバーゲンは青い模型を試しただろうか?同じように、ヒナが太陽は頭上で輝くという「前もった知識」を備えて生まれてくるという私の結論は単純すぎるかもしれない。しかし彼らの未来の環境のいくつかの面について事前の知識をもって生まれてくる動物がいるとしたら(もしそうでなかったら驚くべき事だ)、私の実験はそれをテストするために、原理的には、どのような試験ができるかを明示している。私は少なくとも発達主義者が見逃していた、彼らが原理的に行動の生得性をテストするための実験を行うことなど出来ないと主張するとき見逃していた何かを例示した。

私にはベビントンロード13番地での友情が特別なものであったかどうか、あるいはあらゆる大学院生のグループが同じような団結心をはぐくむかどうかわからない。少なくとも、大学のひとつの大きな建物に収容されるよりは、別々の離れで過ごす方が、社会的なダイナミクスを培われるのではないかと思っている。動物行動研究グループ(とデイヴィッド・ラックのエドワード・グレイ野外鳥類研究所やチャールズ・エルトンの動物個体群局など)が最終的に現在のサウスパークスロードのコンクリートの巨大な建物(concrete monster)に移ったとき、何かが失われたと思う。しかしそれは私が単に年をとって、責任の重圧を受けていたということかもしれないが。

理由はともかく、私はベビントンロード13番地へ、そして金曜午後のセミナーや、食堂や、ローズアンドクラウンのビリヤード台に集まった同輩たちに忠実な愛着を持っている。ロバート・マッシュ、彼はのちに彼の本『 How to Keep Dinosaurs』への序文で思い出した流行のユーモアセンスを持っていた。ディック・ブラウン。ユアン・デリウスは熱狂的でエキセントリックな才能でマイク・カレンを楽しく補った。ユアンの超越的に楽しい妻ウタは私にドイツ語を教えてくれた。ハンス・クルーク、彼はのちにニコの伝記を書いた。イアン・パターソン。ブライアン・ネルソンはカツオドリ人間(gannet man)だ。最初の六ヶ月間、私は彼のことをドアに張られた謎のお知らせでしか知らなかった:「ネルソンはバス・ロック(Bass Rock)の上にいます」。クリフ・ヘンティ。最終的にニコの後継者となったデイヴィッド・マクファーランドは心理学科で基礎を築いたが、彼の活動的な妻ジルがユアンの助手で、二人はいつもベビントンロードで昼食をとっていたため、我々のグループの名誉会員的な存在だった。ビビアン・ベンジーは陽気なニュージーランド娘のリン・マッキーとアン・ジェイミソンを昼食メンバーの別の名誉会員として紹介してくれた。ロウ・ガーもまたニュージーランドからやってきた。ロビン・リリー。愉快なナチュラリスト、マイケル・ロビンソン。マイケル・ハンセルとはのちにフラットを共有した。モニカ・インペコフェン。14年後に結婚することになったメリアン・スタンプ。ヒース・マクナラハン。ロバート・マーティン。ケン・ウィルツ。後にケニヤでコンサルティングパートナーの関係を結んだマイケル・ノートン=グリフィスとハーヴェイ・クローズ。ジョン・クレブスとはのちに三つの論文を書いた。マイケルとバーバラ・マクロバーツ。イアン・ダグラス=ハミルトンは論文の執筆中にアフリカから亡命する羽目になった。ジェイミー・スミスと私は小鳥の最適採餌の論文を書いた。ティム・ハリデイとラリー・サファー、シーン・ニール。そして省略することを申し訳なく思う他の人々。

I think much of the research that came out of the Tinbergen group, including my own – maybe ethological research generally – could be called “For example, as it might be” research, rather than “This is the way it actually is” research. Watson and Crick’s double helix was a discovery about the way things are. DNA is a double helix, and that’s that. End of story, it will never be superseded. Sir Ronald Ross’s discovery that mosquitoes carry malaria is another example of “This is the way it actually is” research. Our research wasn’t like that. If I am right, the main use of such ethological experiments is to illustrate a textbook principle. Textbooks are probably correct that animals can be fooled by some restricted part of the natural stimulus situation into behaving in a way appropriate to the whole. Sticklebacks responding to red dummies are a nice illustration to get the textbook point across, but the true story of sticklebacks may not be so straightforward – did Tinbergen ever try a blue dummy? Similarly, my conclusion that chicks are born with the ‘advance knowledge’ that the sun shines from overhead may be too simple. But if there are some animals that are born with advance knowledge of some aspects of their future environment (it would be surprising if there were not), then my work illustrates the kind of experiment that can, in principle, be done to test it. I at least demonstrated that developmentalists were missing something if they claimed that you could never, in principle, do an experiment to test the innateness of behavior.

I don’t know whether the camaraderie of 13 Bevington Road was exceptional, or whether all groups of graduate students nurture a similar esprit de corps. I suspect, at least, that being housed in a separate annexe rather than in a large university building improves the social dynamics. When the Animal Behaviour Research Group (and other outliers such as David Lack’s Edward Grey Institute of Field Ornithology and Charles Elton’s Bureau of Animal Populations) eventually moved into the present concrete monster on South Parks Road, I believe something was lost. But it may be that I was by then just older and more weighed down by responsibilities. Whatever the reason, I retain a loyal affection for 13 Bevington Road and my comrades of those times who foregathered at the Friday evening seminars, or in the lunch room, or over the bar billiards table in the Rose and Crown: Robert Mash, whose epidemic sense of humour I later recalled in my Foreword to his book How to Keep Dinosaurs; Dick Brown; Juan Delius whose deliriously eccentric brilliance entertainingly complemented Mike Cullen’s; Juan’s supernormally delightful wife Uta who gave me German lessons; Hans Kruuk, who later wrote Niko’s biography; Ian Patterson; Bryan Nelson the gannet man, known to me in my first six months only from the enigmatic notice on his door, “Nelson is on the Bass Rock”; Cliff Henty; David McFarland, Niko’s eventual successor who, although based in the psychology department, was a sort of honorary member of our group because his vivacious wife Jill was Juan’s research assistant, and the couple had lunch in Bevington Road every day; Vivienne Benzie who introduced the sunny New Zealand girls Lyn McKechie and Ann Jamieson as yet other honorary members of the lunch group; Lou Gurr, also from New Zealand; Robin Liley; the jovial naturalist Michael Robinson, Michael Hansell, with whom I later shared a flat; Monica Impekoven; Marian Stamp, to whom I was later married for fourteen years; Heather McLannahan, Robert Martin, Ken Wilz; Michael Norton-Griffiths and Harvey Croze, who later formed a consulting partnership in Kenya; John Krebs, with whom I later wrote three papers; Michael and Barbara MacRoberts; Iain Douglas-Hamilton, unwilling exile from Africa while he wrote his thesis; Jamie Smith, with whom I wrote a paper on optimal foraging in tits; Tim Halliday, Lary Shaffer, Sean Neill and others whom I apologize for omitting.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中