マイケル・シャーマーの神学(とツッコミ)

科学と宗教に互換性はあるか-その3.4のシャーマーの見解に関連して

マイケル・シャーマーの神学(抜粋)
原文

もしあなたが有神論者なら、いつ神が宇宙を作ったかを問題にすべきではない--1万年前だろうと100億年前だろうと。6桁の違いは全知全能の神にとって意味がないし、それがいつ起こったかに関係なく神の創造の栄光には賞賛が必要だ。

同様に神がどのように生命を作ったかを問題にすべきではない。奇跡の命令によってであれ、彼が作った宇宙の自然の要因を通してであれ。神がどんなプロセスを用いたかに関わらず、彼の作品の壮大さは畏怖を感じさせる。

If one is a theist, it should not matter when God made the universe — 10,000 years ago or 10 billion years ago. The difference of six zeros is meaningless to an omniscient and omnipotent being, and the glory of divine creation cries out for praise regardless of when it happened.

Likewise, it should not matter how God created life, whether it was through a miraculous spoken word or through the natural forces of the universe that He created. The grandeur of God’s works commands awe regardless of what processes He used.

Jason Rosenhouseのツッコミ(抜粋)
原文

そうかもしれん。けど、もし君が神は慈悲深いと信じているなら、神が選ばれた創造のメカニズムは恐ろしく残酷で無駄が多いことを気にするべきだろう。君の宗教が、創造において人間が特別な位置を占めていると教えているなら、進化が我々のことを心にもとめていなかったと知れば心を乱されるはずだろう。聖書は神聖で無謬だというのがあなたの信仰の一部ならば、科学が聖書の最初の11章の多くの否定することに君は悩むべきだろう。もし君が自然神学--神の存在と性質は自然の証拠から推測される--が有効なプロジェクトだと考えるなら、進化がデザインに訴える論証を退けることを問題にすべきだろう。

シャーマーは何でもありの有神論を推奨しているようだ。彼はいかにもという感じでこう述べる。「もしあなたが有神論者なら世界は恐ろしい残酷さと苦しみで満ちていることに悩むべきではない。神の計画は我々の日々の経験を超越している」彼は有神論が自然に関するいかなる考えとも全く無関係であるか、あるいはそうあるべきだとでもいいたいようだ。多分多くの人にとってそうだろう。だが別の多くにとっては有神論をそれらしく思わせているのはまずペイリー流のデザイン論だ。ほかの人々はまだ聖書への信仰を持つよう教育されている。なぜそのような人々は、おそらく信仰を完全に捨てるまで、もっと科学を学んで、神への彼らの見解を変えてはいけないのだろうか?

Surely, though, if you believe that God is loving it should matter to you that His chosen mechanism of creation is one of singular cruelty and waste. If it is part of your religion that humans occupy a special place in creation, then it must be disconcerting to learn that evolution does not seem to have had us in mind. If it is part of your faith that the Bible is holy and inerrant, it ought to bother you that science contradicts much of the first eleven chapters of the book. And if you think natural theology, in which God’s existence and attributes are inferred from the evidence of nature, is a valid project, then it has to be troubling that evolution refutes the argument from design.

Shermer seems to be encouraging a rather unreflective sort of theism. He could as plausibly argue, “If you are a theist it should not matter to you that the world is marked by relentless cruelty and suffering, for God’s plan transcends the minutiae of our day to day experiences.” He writes as if theism is, or ought to be, a view held for reasons entirely separate from any consideration of nature. Doubtless it is that for many people. For many others, however, it is Paley-style design arguments that made theism seem so plausible in the first place. Others still were raised to have an unswerving faith in the Bible. Why should such people not alter their views of God, perhaps to the point of abandoning belief altogether, upon learning more about science?

-+-+-+-
宗教的な考えは全て現実世界とは関係のない、フィクションのようなものだと考えなさい。シャーマーはそういっているように聞こえる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中