トマス・ネーゲルがID本を推薦した

トマス・ネーゲルがインテリジェントデザインの本をTimes Onlineのブックオブザイヤー2009で取り上げたというお話。コインのブログより。該当の箇所は…

スティーヴン・C・マイヤーの『細胞の中の痕跡:DNAとインテリジェントデザインの証拠』は生命を持たない存在--生物学的進化が始まる前に生じなければならなかった何か--から生命がどのように生まれたかを詳述した。インテリジェントデザインを巡る論争は主に、生命の進化がその始まりから自然選択やその他の目的のない原因によって完全に説明できるかどうかに集中していた。マイヤーはDNAの非常に複雑で完璧な機能を持つ化学構造(それが自然選択を可能にするのだから、それ自体は自然選択では説明できない)が、意図的な原因なしで始まったかもしれない方法という上位の問題に取り組んだ。彼は生命の起源に対する非目的的・化学的な説明の歴史と現状を調べ、現在の証拠は、意識的な原因があったという仮説に対して、信頼に足る自然主義的な代替理論に支持を与えないと主張する。マイヤーはキリスト教徒だが無神論者だ。そして神は自然界に介入しないと考えている有神論者は、彼の慎重な提案によってこのきわめて困難な問題を知らされるだろう。

Stephen C. Meyer’s Signature in the Cell: DNA and the evidence for Intelligent Design (HarperCollins) is a detailed account of the problem of how life came into existence from lifeless matter – something that had to happen before the process of biological evolution could begin. The controversy over Intelligent Design has so far focused mainly on whether the evolution of life since its beginnings can be explained entirely by natural selection and other non-purposive causes. Meyer takes up the prior question of how the immensely complex and exquisitely functional chemical structure of DNA, which cannot be explained by natural selection because it makes natural selection possible, could have originated without an intentional cause. He examines the history and present state of research on non-purposive chemical explanations of the origin of life, and argues that the available evidence offers no prospect of a credible naturalistic alternative to the hypothesis of an intentional cause. Meyer is a Christian, but atheists, and theists who believe God never intervenes in the natural world, will be instructed by his careful presentation of this fiendishly difficult problem.

ブログ読者のコメントによれば…

これはおもしろい。ダニエル・デネットは1年以上前、心の哲学者の中のmind-firstな創造論者や心身二元論者(フォーダーやネーゲルのような)が本格的な生物学的創造論のダークサイドに落ちかけていると指摘した。転向が完了したってことか。

This is fascinating. Daniel Dennett was pointing out over a year ago how some of the mind-first creationists or dualists (like Fodor and Nagel) from philosophy of mind might be moving over to the dark side of full-blown biological creationism. It seems the transition is complete.

see the first lecture over at:
http://mbb.harvard.edu/resources/dennett09.php

コインの返答によれば、フォーダーと同僚のマッシモ・ピアテッリ=パルマーニは自然選択は偽りであると主張する本を来年初めに出すらしい。

広告

コメント / トラックバック1件

  1. […] 2009/12/03 コメントをどうぞ コメントへ トマス・ネーゲルがID本を推薦したが、ラフバラー大学の化学者Stephen Fletcherにつっこまれた。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中