ネズミ食いのウツボカズラと、巨大ネズミ

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/science/article6799283.ece
-+-+-+-
grren-360_602181a
彼はなめらかなトーンと紳士的な振る舞いで有名だが、ある植物学者たちにとってはサー・デイヴィッド・アッテンボローは明らかに異なるイメージを彷彿とさせる。ネズミを食べる巨大な食虫植物を発見した探検家は、テレビナチュラリストにちなんで名前をつけた。

Nepenthes attenboroughiiと名付けられたウツボカズラの新種はフィリピンの山奥で発見された。それは小型のネズミを捕らえて酵素でゆっくりと分解できるほど大きい。わずか数百の個体がパラワンの一つの山の周りにだけ存在し、育っていると考えられている。その種はジャングルで迷った宣教師から話を聞いた科学者によって発見された。スチュワート・マクファーソンらはサー・デイヴィッドの何十年にもわたる自然の賛美の仕事に対する「感謝の表現」として名付けることを決めた。
(中略)
サー・デイヴィッドはザ・タイムに、彼にちなんで名付けられたことは大変な名誉だと語った。彼はウツボカズラの仲間が「とてもドラマチックな植物だ。私はずっと注目すべき存在だと考えていた。とてもエレガントで、チャーミングだ。」

マクファーソンはその新種がたまにネズミを消化したことがありそうだと答えた。「それは疑いなく巨大だ。私は中で死んだネズミが浮いている半分の大きさのウツボカズラをボルネオで発見したことがある。」

N. attenboroughiiよりも巨大なウツボカズラはNepenthes rajahだが、それがネズミを消化できることは1862年にイギリスの博物学者Spencer St Johnが溺死したネズミ入りの標本をボルネオで発見したときから知られていた。(後略)
-+-+-+-
と言うわけで、最大の種ではなかったようだ。うーむ、便器に見えてしょうがない…。さて同じ東南アジアからは…
-+-+-+-
このネズミは人間を恐れず、長さは82センチもある。世界中のどこで知られているよりも大きい。このネズミはまだ正式に発表されていないが、BBCの番組を撮影していた探検チームによって発見された。これは探検チームによって発見された外来種のひとつだ。他の外来種と同じように、このネズミはBosavi山クレーターの中に生息しており、それ以外にはいないと考えられている。
(中略)
罠で捕らえられたネズミは鼻先からしっぽまで長さを測られ、82cmあった。重さはおよそ1.5kg。シルバーブラウン色の長くて柔らかい毛をまとっている。調査を行った科学者は、火山のクレーターで起こりうる湿気と寒さの中で生き延びる助けになっただろうと考えている。ネズミが発見された場所は1000m以上の高さだ。最初の調査はネズミがMallomys属の一種であることを示唆した。その属には巨大なサイズの他の種も含まれる。学名の同意が得られていない間、仮に「ボサビふわふわネズミ:Bosavi woolly rat」と呼ばれていた。

他の齧歯類は大きなサイズに成長する。たとえば最大の齧歯類はカピバラで、南アメリカの淡水の近くで生活している。体長130cm、重さは最高で65kgにも達する。フィリピンではクラウドラット(Cloud rat)のいくつかの種がすんでいる。しかし本当のネズミ、都会で見られる茶色や黒のネズミを含むRattus属ではほんの少数しか新種に匹敵しない。(後略)

1_4611

http://news.bbc.co.uk/earth/hi/earth_news/newsid_8210000/8210394.stm

-+-+-+-
目が小さいからかな。あまりかわいいようには見えない。しかも少しメタボだ。この大きさは島嶼化なのだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中